0コメント

ラウンドコインケース--外側パーツにカービング!

20160807_141453.jpg
まずは濡らした革にトレースシートを重ねます。 (トレースシートにはあらかじめ図柄を描いています。ハイビスカスです。) 鉄筆でなぞると革にトレースされます。


20160807_141659.jpg
こんな感じです。 少し見にくいかもしれませんが、ハッキリわかります。 このように革は濡らすと傷が付きやすいので要注意です。 爪が当たっただけでも傷がつきますからね。 これは可塑性(かそせい)という性質で濡らすと柔らかくなるので型をつけるとき等に重要になってきます。

20160807_142216.jpg
次にスーベルカッターというものでトレースした線をカットしていきます。 カットといっても完全に切るのではなく革の厚みの3分の1から2分の1くらいの深さに切り込みを入れるのです。 革の厚みや、図柄などによってカットする深さを変えていきます。

次回は刻印を使ってカービングをやります。


この記事へのコメント